取扱新聞

日経は、日本を代表するクオリティーペーパーの日本経済新聞と、専門情報を鋭く追求した4つの専門紙を発行しています。読者や社会から高い信頼を得ており、言論報道機関としての日経の基盤になっています。内外34ヵ所で新聞を印刷し、世界の読者に最新のニュースを届けています。


日本経済新聞


全日版 1カ月
4,000円(消費税込)

国内外の景気動向や企業業績、設備投資、経営戦略などマクロ、ミクロの経済情報をいち早く、分かりやすく、冷静に報道し、読者の信頼を得ています。 2010年3月には、新聞の高い信頼性とデジタル技術の利便性を併せ持つ全く新しいメディア、日本経済新聞 電子版を創刊、情報をより早く、より詳しく届ける仕組みをスタートさせました。さらに4月の紙面刷新では、朝刊に経済動向や政策、企業ニュースを深掘りした分析、解説記事を大幅に増やします。土曜日の別刷り「NIKKEIプラス1」を全面刷新、大人から子どもまで時事問題に親しめる「子どもニュース」面を新設するなど生活、文化関連の情報も充実しています。


日経産業新聞


全日版 1カ月
4,000円(消費税込)

毎日約400件のビジネスニュースを掲載しています。最先端技術の開発や新製品・サービス、人事戦略などビジネスの最前線に立つ人々の日々の仕事の質を高めるミクロニュースに定評があります。「工場(ものづくり)」「新製品」「デジタル」を三本柱としており、証券アナリストやファンドマネジャーなど企業分析や投資の専門家からも信頼を得ています。時代の変化を先取りする読み応えのある連載も売り物です。限られた時間で多くの情報を得たいビジネスパーソンを意識した紙面編集も高い評価をいただいています。


日経MJ(The NIKKEI Marketing Journal)


全日版 1カ月
2,300円(消費税込)

毎日約400件のビジネスニュースを掲載しています。最先端技術の開発や新製品・サービス、人事戦略などビジネスの最前線に立つ人々の日々の仕事の質を高めるミクロニュースに定評があります。「工場(ものづくり)」「新製品」「デジタル」を三本柱としており、証券アナリストやファンドマネジャーなど企業分析や投資の専門家からも信頼を得ています。時代の変化を先取りする読み応えのある連載も売り物です。限られた時間で多くの情報を得たいビジネスパーソンを意識した紙面編集も高い評価をいただいています。


日経ヴェリタス


26週/15,000円
1部/600円

毎週日曜日に発行する投資金融情報紙。刻々と変化するマーケットの動きや企業価値の分析、金融商品情報を掲載。グローバルなマネーの流れや最新の投資テーマについてじっくり読んでいただける特集記事も充実しています。横組みでカラー紙面を多用するほか、相場表の銘柄名を50音順に表示するなど読みやすさ、見やすさも追求。デイリーの情報ではネットと連動するなど従来型の新聞にはない取り組みを実施します。